‘趣味’ カテゴリーのアーカイブ

ただいま

2013年7月15日 月曜日

山梨にて開催致しました「山梨コミュニケーションゲーム祭」、
無事に終了し帰ってまいりました。

ご参加頂いた皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

慣れない土地でのスタッフ運用は思った以上に大変で気が回らず、ご迷惑をおかけした点がたくさんあったと思います。
ですが、ご参加の方々の暖かいお気持ちや、スタッフ、率先して動いて頂いていた大学生スタッフのおかげで何とか乗り切れました。
感謝でいっぱいです。

また次回も頑張りたいと思います。
ありがとうございました!

帰りのサービスエリアにて。↓

買ったもの↓

味に期待しすぎてはいけません笑

行きも帰りも渋滞で、自宅についたのはAM1:00過ぎでした。

いやはや、皆様お疲れさまでした!

さて…
制作に戻ります><

ゲームイベント

2013年7月12日 金曜日

音楽とは関係ありませんが…。
今週末、こんなイベントを開催してます。
開催場所、山梨ですけど笑

珠水が主催する1泊2日のゲームイベントです。
私自身もスタッフとして関わってます。

↑イベントロゴのデザインをさせて頂きました^^

1日目は珠水がオリジナルで制作した、「フォートレス」というライブ型のカードゲームを遊び、夜は懇親会で大盛り上がり!…する予定。笑

2日目は「テーブルトークRPG」をやります。
ちなみに「テーブルトーク」とは、
「ゲーム機などを使わずに、紙や鉛筆、サイコロなどの道具を使い、人間同士の会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶ“対話型”のロールプレイングゲーム」でございます。

ゲームのフィールドとなる世界の中に自分のキャラクターを作り、そのキャラを演じながら、人との会話によってお話を進めるゲーム、といった感じです。

演劇が好きな方、ゲームが好きな方にはおすすめです。

私自身もテーブルトークが大好きで、珠水が会長として運営しているゲームサークルに会員として所属してます。
ご興味がおありの方はぜひ一緒に遊びましょう!^^

…と、話がそれました。

そんな感じで、今週末の連休中は、イベントスタッフとして山梨行ってきます。
当日朝は5時起きでござる…><

ありがたいことに、たくさんの参加申し込みを頂きつつ、参加の応募が終了しました。

あとは当日奮戦するのみです!
…いや、まだ準備とか準備とか準備とか。
終わってないんだけどね…。

今回好評を頂けたら、2回目・3回目と続けていけたらと思っています。

というわけで、行って来ます!!

帰ってきたら即、新曲制作に戻ります><

コミティア→スーパー戦隊

2010年11月15日 月曜日

日曜日はコミティアの見学に行ってきました。
参加すると見回ることが出来ないので、久々に今回は珠水と見学。

知人の所にお邪魔したり、興味のある所を見に行ったり。
そんなこんなでビックサイトを後にしました。

そして!

それから足を向けたのはZepp Tokyo!!

そこでやっていたものは

「スーパー戦隊“魂”Ⅳ2010」!!!

一年おきくらいに定期的に開催されていたこのライブ。
スーパー戦隊の初作である「ゴレンジャー」を歌う、ささきいさお さんを始め、戦隊ものの主題歌・挿入歌を次々と演奏していくというライブです。

今回の開催は二年ぶり。
最近調べてこのライブを知ったので、私にとっては今回がお初。
もちろん戦隊ものも好きですが、もともとは、ささきいさお さんが大好きでこのライブに行き当たりました。

ライブはまさに、目から鱗。
CDやテレビで聞くのとは大違い。
歌い手さんの熱、それに全力で答える観客の咆哮のようなコーラスや合いの手。
“魂”を燃えさせる熱、というのはこういうものかと感じました。

観客をそうさせるのは、作品に登場する、人々を救うべく戦い続けるヒーロー達の魂。
そして、その魂を体現するアーティストの方々。
…なのでしょうか。

私はというと。
念願のささきいさお さんの生の声を全身で浴びることが出来て、オープニングから視界が霞む霞む(笑)
そんな体たらくだったので、戦隊シリーズ2作目の「ジャッカー電撃隊」では号泣しているという、すっかり変なヤツになっていたのでありました(笑)

帰りに観覧車に乗り、夜景を満喫して帰宅。

いろいろなものを頭に・胸に、詰め込んだ一日でした。

あ、断っておきますが。
戦隊シリーズは、決してリアルタイムで見てたわけではありません。
見たのはDVDです。
年齢詐称はしてません!!(笑)

アクセサリーデザイン

2010年11月6日 土曜日

少し前のお話ですが。

アクセサリーデザインに四苦八苦してました。

独学ですし、趣味の域を出ませんが、たまに絵を描きます。
その延長でアクセサリーのデザインをやってみたことがあったので、中々いいものが見つからないという方に話を振った所、頼まれた…という経緯です。

…実は去年から頼まれてたんだけど、実行するのかどうか決定をしていないまま現在に至っており。

そして、至っていたまま、北海道在住であるその方から連絡が。

「東京に行くから、デザインが見たい」

…………。

なんですと!?!?!?!?

…でも確かに。
数年に一度会えるかどうかの方なので、この機は逃せん!!

なので焦りに焦って、取り組みました。
出来上がったのは何とか8枚。

オーダーは、「蝶のモチーフ」でした。

蝶の種類・生態について調べること、2日。
ラフ案を描きまくること、1日。
ある程度イメージが頭の中で動いてきた段階で、身に着ける方の服装や持ち物から好みを推測して、改めてラフを起こす、1日。
清書・デッサン画におこす、半日。

そんな一週間をすごしてみた。

ありがたく、喜んでもらえたので報われて帰ってきました。

さて、あとは実際に形にする為の交渉・依頼………

…は…珠水の仕事、と(笑)

ライブRPG

2010年10月26日 火曜日

日曜は、「ライブRPG」に参加してきました!!

初めてでしたが、貴重な体験をしました~!

このイベントの主催は、ポップカルチャーの研究をされているというドイツから来られた方でした。

以下、TRPGをご存知ではない方がいらっしゃると思うので、私的ご説明です。
  ————————————————————–
テレビゲームなどで多く聞かれる、「ロールプレイングゲーム」。
ロールプレイングゲームの中には、「テーブルトーク・ロールプレイングゲーム」(略してTRPG)というものもあります。
実は、テレビゲームのもととなったのが、このTRPGです。
海外では、ロールプレイングゲームといえばTRPGのことを指し、テレビゲームのことは「ビデオゲーム」と言うそうです。

「テーブル」と名の付く通り、ゲーム機などを使わず、紙・鉛筆・サイコロなどを用いて、複数の人間で卓を囲み、人間同士の会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶゲームです。
役割は2つ。
「ゲームマスター」と呼ばれる、お話をつくり、ゲームを進行する役と、
「プレイヤー」というゲームマスターが作ったお話の中の登場人物を演じる役。
(ルールによって多少変動しますが)

そして、「ライブRPG」。
二つの役割と、人間同士の対話によってお話が進む、という点は一緒です。
が、こちらはテーブル上だけではなく、実際に行動をします。

ゲームマスターがプレイヤーにゲームの状況説明や次の行動の指示をし、プレイヤーが実際に歩き回って調査・行動等を行い、ゲームを進めます。
そうして情報を集めたり、自分自身で行動指針を持って、お話の解決を目指していく。
  ————————————————————–

といったような遊びです。
舞台上を飛び出した即興劇のようなものだと考えて頂ければ、イメージが近いかと思います。

ちなみに、今回体験したライブRPGは、舞台は警察。
プレイヤーは刑事となり、次々と起こる殺人事件の犯人を突き止める!
…というお話でした。
ラストでは、秋葉原の街中を逃走する犯人の捜索。
走らない・犯人に触れない・捕獲条件は“包囲”すること。

そんな条件で、ツーマンセルで街中を捜索しましたが、街中で人一人探すというのは中々難しく、挙動不審になっていなかったかちょっと不安です(笑)
刑事さんて大変なんだな…。

実際に自分たちで考えて動くというこの楽しみは、テレビゲームとはまた違った楽しみ方があります。
(私はテレビゲームも大好きですが)
ライブRPGは中々に体験する機会が少ないのですが、ロールプレイングゲームにご興味を持たれましたらぜひ!

どんなものか聞いてみたい、という方はお気軽にメッセージをくださればと思います。