臨場感

朝、仕事に向かう道すがら。

角を曲がると、すぐそこには一羽のカラス。

あまりにも近かったので、驚きつつ思わず凝視。

…………。

………ヤバイ…殺気…。

気のせいか? いや、でもどうもこちらを見ている気がする…。

ヤバイか?と思い、すぐに距離を取りつつ足早に通り過ぎようとすると!

ばさーーっと髪をかすめる距離で飛び立ち、追い越してきた彼(?)の姿がまた目前に!!!!

耳に入ってきたのは、翼同士が触れ合いながら空をきる音。

少なからず感じた、追い迫る気配。

!!!!!!!!!!!!!

臨場感! 臨場感!!!
サラウンド! サラウンド!!!!

…とかのん気にはしゃぐ余裕が出てきたのは、その場を50メートルほど離れてからの事で。

結局の所はというと、追い越してきた彼(?)とまた相対したものの、それ以上は動く気配がなく。
何事もなくその場を後にできた、という出来事でした。

北海道にいた頃はカラスに襲われてる人とかよくいたから、そんな珍しいことじゃ無かったんですけど。
「カラスに襲われたので、休みます」
って言って、都会モンには通じんだべか?

とか思ってしまいました(笑)

近くに巣があったのかな…。
羽ばたく音がまだ耳に残ってます。

間近で聞くと、それは思ったよりもずっと重々しくて、「飛ぶ」という行為の大変さを感じました。

…まあ、無事だったから思える事ですよネ(笑)

コメントは受け付けていません。